今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります 傑作になれるポテンシャル

 

勝ちにイケるが読み終わってからダイレクトに来た気持ちです。正直、確かにこの巻で充分というかとても楽しめたんすけど。それよりも今後の期待値のが非常に高いです。コレは。。。もしかしたら、傑作になるんじゃないか???みたいな。続きを楽しみになれる。そんな期待が深く心に刻まれたぜい。

 

凄く確実な褒めポイントなのですけど、序盤の分からないところが凄く秀逸で。上手さ、技巧派?みたいな気持ちが大きいです。ソレは物語の分からないところが面白い。キャラの関係図、物語の今後の運び、キーアイテムの存在等がマジで分からない。その分からないが確実に作品の展開の興味となり、そこであっ上手いと思いました。

 

正直、この作者は既存作を読んでヤケに固い文章と展開がのっそりしていて、マジで今後読まないだろうなぁから。ココまで、おっ面白い!!となったから。まぁそんなに一作で判断できるもんじゃないなぁと。この作品でも展開云々ではなく、やはり文章が固いんだけど、前回のような読みづらさを感じる気持ちは無かったなぁ。前作に比べて一文が短く感じた?ソレが良かった??分からんけど。

 

物語の中盤でひとまずの種明かしからそこから更に物語と登場人物の関係が変動していくんすけど、そこに読みづらさは無く、自然に楽しめてた。ソレは多分登場人物の感情とストーリーの進行が良い感じで重なっていたから。だと思う。物語を途切れず非常に楽しめた。感情と物語が一致していた。そんな感じ。

 

かなり期待が大きいです。勝ちにイケるぞと感じさせる傑作を読んでしまったのかもしれん。。。イッケーーーーーーー!!!!!期待値込みの最高得点でごんす。

 

【急募】天下一ライトノベルこの一文決まってる舞踏会

誰からも投票来ないってのは大いにありえるので。来なかったらしゃーないけど、自分で電子書籍で何かしら数作品見繕います。

 

○概要

とりあえずライトノベルこの一文キマッテルなて文章募集します。

台詞でも地の文でもO.K.。曖昧でもO.K.。

 

作品名

何巻

一文(ラストのこう言ったシーンのこんな感じの文章)くらいで良いです。テキトーに行きましょう。

選んだ理由

 

位を教えてください。

 

何故知りたいかと言うと私が気になるからです。

 

投票の仕方はブログにコメントするなり、TwitterでRT後言及したりリプしたりとりあえず私が認識できたらO.K.です。テキトー行きましょう。フォームとかはようわからんので用意しません。何故なら一人も来ないと思ってるから。

 

○締め切り

1/26 中

 

○例

探偵は、もう死んでいる

1巻

1章の〆あたりの何億の笑顔みたいな文章

理由は、後半の展開に繋がり、印象に残りました。

 

位テキトーで行きましょう。

 

さいならー。

 

 

 

サイコパスガールインヤクザランド 存在証明は血に染まった恐れで

 

サイコパスガール イン ヤクザランド 1 (オーバーラップ文庫)

サイコパスガール イン ヤクザランド 1 (オーバーラップ文庫)

  • 作者:木質
  • 出版社/メーカー: オーバーラップ
  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: Kindle
 

 

かなり良かった思います。

この作品のコレは分かりやすいと思える良いところが一つあって。ソレは主人公である口裂け女をカッケエと思わせるように描いてる事。過去の出会いや青年との出会いと恋愛感情。過去の仲間、姉妹とかの過去。相手側のヤクザとの関係。自分の存在証明。特技。ソレを台詞や行動で示してる。各登場人物もその主人公である口裂け女を引き立たせるため「だけ」じゃなく、それぞれのキャラや関係図で面白くしてるのだけれども。しかしそれらも口裂け女の魅力に繋がっていく。主人公である口裂け女の魅力が明確な軸になってる。

あらすじもすげえシンプルでヤクザに恨みを持つ青年と一緒にヤクザを殺しまくるていうストーリーなんだけと。そこに過去を絡めてくのが面白い。そして口裂け女とヤクザの組長との関係性と喫茶店での会話も面白い。この二人の会話のシーンが顕著だと思うのだけれどもかなり映画じゃんと思えるところがある。その映画じゃんと思える事は、けっこうこの作品ではプラスにハマっており。構成が良いと好感を持てた。

ヤクザを殺しまくるシーンとかは、クライム感があって、そこを良くも悪くも目立つ作品に言われてしまうかもしれない。けどそこも私は上記で書いた主人公である口裂け女イカすとかカッコいいを魅せようとしてる部分であると感じた。

最近、ちょこちょこ映画を観るようになって、今更タランティーノパルプ・フィクションを観た。それを観たときの感想がイカすの一言でソレを映画用のSNSに書いたら、リア友が反応してくれて。そうだよあの映画はイカす。その一言なんだよ。と。

パルプ・フィクションは構成の上手さとかその他の要素でも光るものが多々ある面白い作品だと思う。けれどもイカすの一言で充分な作品だ。

このサイコパスガールインヤクザランドという作品も同じく褒めるところ、またはイマイチなところもあるかもしれない。けれども主人公である口裂け女イカすに収束されてくんのかなとも思っちゃた。

かなり良かったよん。

コレ好きな人コレ読んで情報交換会

具体的な理由は感じてこう。すげえ安易です。

 

江波光則すきな人は熊本くんの本棚読もう

 

パニッシュメント (ガガガ文庫)

パニッシュメント (ガガガ文庫)

 
熊本くんの本棚 ゲイ彼と私とカレーライス

熊本くんの本棚 ゲイ彼と私とカレーライス

  • 作者:キタハラ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: 単行本
 

 

 

消失グラデーション好きな人はヴィーナスの命題読もう

 

消失グラデーション (角川文庫)

消失グラデーション (角川文庫)

 
ヴィーナスの命題 (角川文庫)

ヴィーナスの命題 (角川文庫)

 

 



君の名は。すきな人はある日爆弾が落ちてきて読もう

 

君の名は。

君の名は。

  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: Prime Video
 
ある日、爆弾がおちてきて 【新装版】 (メディアワークス文庫)

ある日、爆弾がおちてきて 【新装版】 (メディアワークス文庫)

 

 


死!!!!!!(サイナラ)



忘れられないレジェンドライトノベルのお話をしよう

言葉を濁しては駄目だ。心が濁るから。だけど何事にも正直では駄目だ。大切な何かが必ず失われるから。

 

今回はレジェンドライトノベルについてお話をします。レジェンドの意味は感じ取ってくれい。貴方ならできる。顔も知らない貴方を信じる。信じることは救いにもなるから。

 

エンドレスリセット

エンドレス・リセット 最果ての世界で、何度でも君を救う (電撃文庫)

エンドレス・リセット 最果ての世界で、何度でも君を救う (電撃文庫)

 

 

ループものでループ部分がつまらないモノはもしかしたらあるのかもしれない。けどもループがないほうが絶対に良かったと思わせる作品はレジェンドになるべきだ。異能バトルとループモノの合わせ技は、ループがしょうもない、異能バトル単品のが絶対にまとまりがある。レジェンドです。

 

新世の学園戦区

新世の学園戦区 (富士見ファンタジア文庫)

新世の学園戦区 (富士見ファンタジア文庫)

 

 

ここまで話が設定が散らかってる物語をみたことがない。設定もごちゃついて、ありがち?な主人公はその異能の中でも特殊みたいな話になってるときには、へとへと。この作品のことは絶対に忘れません。レジェンド中のレジェンド。

 

タタの魔法使い

 

タタの魔法使い (電撃文庫)

タタの魔法使い (電撃文庫)

 

なんて凄すぎジャパニーズがキツい。マジでキツい。語り部が主人公の姉ちゃん。コイツが本当にキツい。マジでキツい。モキュメンタリー風味とやらの作品はもしかしたらライトノベル初なのかもしれない。けどもそんな初めてやるよか面白いモノが読みたかった。正直、そういったテクニック?重視で電撃大賞を取った印象が強く、文章は下手くそな印象があったから次回作難産だろうなと思ってるけど、中々でないっすね。

 

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (ファンタジア文庫)

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (ファンタジア文庫)

 

台詞が劇やってるぽい。この台詞がリアリティが無いでは無く、劇やってるぽいて作品が数点あって。そーゆー作品がかなり苦手だという自覚がある。ともかく台詞の回し方が劇っぽい。

 

まだあるんだろうけど飽きました。サイナラ。

2019年映画ベスト10

 

きみと、波にのれたら DVD通常版

きみと、波にのれたら DVD通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2019/12/18
  • メディア: DVD
 

 

 

コレです。まさか最終的に天気の子もTOY STORY4も無いランキングになってしまい、少し寂しさを覚える。簡単に10位から書いてきます。

 

10位 ゴジラ KOM

ほぼネットで言われてたらヤバい渡辺謙とかラドンとかあたりを楽しめて、ほぼほぼネットでの言われてる通りの楽しみ方

 

9位 愛なき森で叫べ

単純にストーリーよか、色彩とか光とか楽しんでた気がする。いやラストのしょーもなさが好きだった。

 

8位 蜜蜂と遠雷

原作大好きなんすけど、まぁどうやって映像化すんだよをこうすんだよって良い感じで補完できたような映像が凄く好きでした。

 

7位 海獣の子供

悪い感じで後から話題になってしまったが、観てるときのあり得ない映像。コレどうやって作ってんだよ??と思いながら観てたんすけど。単純です。クリエイターの皆さんの才能と努力と時間のおかげです。ありがとうございます。

 

6位 空の青さを知る人よ

初めて秩父シリーズ三部作?で洒落臭いと感じずにスンナリと物語を入ってきた。喧嘩売った目でガンダーラ歌うのサイコー。

 

5位 イエスタデイ

作中でビートルズが無い世界は寂しいは、その通りだと思った。案外ビートルズをパクっても紆余曲折してくのが、やっぱり今っぽくて良いな。エドシーラン。最後はシンプルにラブストーリー。

 

4位 わたしは光をにぎっている

全体的に青色が印象に残る。青い世界の銭湯でぼとぼと蜜柑を落とすところと水を掬うところ好きでした。ままならねえ感じとかそれが青春だてのとか。商店街は暖かい現実は冷たいみたいのやってから。相も変わらず番台をどこかの街でやってる主人公。コレはめちゃくちゃ好きでした。

 

3位 スパイダーバース

ここから完璧に傑作ゾーンです。最高にキマッテル映像と登場人物の配置。爽快。マジですげえ傑作と素直に言える映画。

 

2位 きみと、波に乗れたら

ストーリーとその構成が最高に良かった。お見事。全部必要なシーンなのに絞ってる感じしない余余白さ。登場人物の関係や過去の組み立て方。そしてラストまでのエンタメ。この映画はマジでめちゃくちゃ好き。湯浅好き。マジで今のジャパン。今のアニメーション。湯浅!!!ありがとうございます。

 

1位 HiGH&LOW THE WORST

マジで凄まじいエンタメで途中。ヤッヤバイ息も出来ないかもしれんと思うくらい。スクリーンに釘付けだった。顔の良い男が殴り合うの最高。コレはHiGH&LOWの前に高橋ヒロシファンなので、強く言いたいんだけど、マジでクローズワーストの世界に魅了された人間は感動するくらいに素晴らしい映像だった。志尊淳に殺される殺されちゃうよ〜

 

 

真木武志 ヴィーナスの命題 読んだよ

 

ヴィーナスの命題 (角川文庫)

ヴィーナスの命題 (角川文庫)

 

この感覚はあれだ。ゼーガペインが一番好きなんだけど、その後上遠野浩平のナイトウォッチシリーズ見て、ゼーガペインじゃんとなる感覚。消失グラデーションがはちゃめちゃに好きで、本作ヴィーナスの命題を読んだら消失グラデーションじゃんという感覚になった。

 

コレがまた本編の内容ではなく、導入が読み辛いけれども中盤に入るとガラリと物語が変わり始める気づいたら夢中になってる。という感覚すら似てる始末。

 

序盤は非常に読み辛い。リーダビリティとやらは弱いと思った。しかし作中の章で言う木曜日から本当にガラリと変わった。

登場人物達のまどろっこしい思わせぶりな会話と思考で包み隠されてものが、ガラリと雰囲気を変えてから徐々に徐々にそれが剥がされていき別の物語となっている。けれどもまどろっこしさは最後までつきまとう。

 

段階的にパンチ力あるものが提示されて、ぉお!?としょ、消失グラデーション!?という気持ちが綯い交ぜになる。まどろっこしい会話も気づいたら何言ってるんだよ、こいつらという気持ちから物語の真実を知りたいという気持ちに変わっていき物語への没入は増していく。

 

そんであのオチ。何なんすかね?このヴィーナスの命題て作品は。多分上記に書いた没入が上手くハマってなかったら肩透かしも良いところの作品になってる場合もある。けれども実際に夢中になってた。

 

物語に屈した。面白いですね。