ライトノベル好きな人におすすめの一般文芸2(ミステリ偏り気味)

やってくぞー!!今回はミステリ多め、ハヤカワ有りの甘めで選出するぞー!!

 

いきまっしょい

 

1.リップステイン

リップステイン (双葉文庫)

リップステイン (双葉文庫)

 

長沢樹が好きなのです。伝奇ぽさや映画撮影。渋谷にいる不思議な女の子。キス。等々ライトノベルだー!楽しめるギミック多数。ミステリというよりライトノベルだー!!的楽しみ方多数。長沢樹の作品はタイトルからツボなんだよね。おすすめ

 

2.蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

  • 作者:恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2019/04/10
  • メディア: 文庫
 

大本命。別に感動するシーンでない何気ない所でも涙が止まらない。本当に止まらない。熱く優しい、ロマンチックなピアノコンクールの物語。実写映画も大変良かった。恩田陸、最高傑作はガチでこれ。涙がガチで止まらない。大本命におすすめです。

 

3.殺す風

殺す風 (創元推理文庫)

殺す風 (創元推理文庫)

 

登場人物、全員性格悪いです。けどそんな皮肉さ意地悪さの会話劇がここまで突き抜けると爽快さが生まれるという不思議な読み味。マーガレットミラーは間違いなく天才。こんな物語を書ける人間にこそ天才て言葉を使いたくなるな。

 

4.天帝のはしたなき果実

天帝のはしたなき果実 (幻冬舎文庫)

天帝のはしたなき果実 (幻冬舎文庫)

 

正直、熱狂的ファンがいるのも納得するし。シンプルにめちゃくちゃ面白いんだけど。誰かと本屋行った時に、これめちゃくちゃオモロイから読めよと言うには、私は勇気が足りない。怖い。あらすじに書いてある通り、青春とSFと幻想。そして本格ミステリが混ざり合ったのか、互いに爆発しあってるのか分からん。すげえもん読んだなとすげえ面白かったなとパロネタもいくつかあったなが残る。

 

5.タックタカチシリーズ

スコッチ・ゲーム (幻冬舎文庫)

スコッチ・ゲーム (幻冬舎文庫)

 

ブコメもあるしキャラも魅力的だし正にライトノベル好きに自然体でおすすめできるシリーズ。けどたまにストーリーの人間のいやらしさが、しんどい。けどそれが良い。とりあえず一番のおすすめはスコッチゲーム。理由は百合だから。ガハハ。

 

6.機龍警察

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

リアル警察モノロボットアクション。雑に言うと踊る大捜査線パトレイバーの系譜好きならおすすめ!!。。。て言葉で片付けるにはパイロット三人がそこそこアクが強いので。。。私は、自爆条項までしか読んでないけど。。。まぁ間違いなく面白いです。

 

7.ヒッキーヒッキーシェイク

ヒッキーヒッキーシェイク (ハヤカワ文庫JA)

ヒッキーヒッキーシェイク (ハヤカワ文庫JA)

 

話題だったから読んだ。そして話題にならなかったら多分読めてなかったんだと悲しくなった。何かしらに能力が長けてる引きこもり達がすげえ事やろうぜ的なストーリーだけど、全然その目指してる方向へと行かない。それだけど最終的には、アッ良いよねに落ち着く。オモロイ物語でした。

 

8.ネガティブチェーンハッピーエッヂ

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)

 

ライトノベル好きにおすすめの一般文芸で滝本竜彦おすすめすんの何かズルくない?て位には、まぁライトノベル好きにはウケるし、読んでるよね?てレベルの作品。けどやっぱりこの作品を読むときにはフラワーカンパニーズの深夜高速を聴きたくなるよね?既読者なら分かるよね?このキモチ

 

 

まぁ今回は8作くらいで。勢いでいくの疲れたので。

ライトノベルのお話でした。さいならー。

この想いは呑み込みなんかせず笹舟に流し、車輪を回すぜ天の川

メモ

 

 

探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)

探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)

 

小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる (ポルタ文庫)







 

叶うことなら年内に読みたい新作ライトノベル

メモ。積まれてるヤツ

 

プロペラオペラ (ガガガ文庫)

プロペラオペラ (ガガガ文庫)

 
吸血鬼に天国はない (電撃文庫)

吸血鬼に天国はない (電撃文庫)

 
処刑少女の生きる道(バージンロード) ―そして、彼女は甦る― (GA文庫)
 

 













 

マーガレットミラー 殺す風 読んだよ

 

殺す風 (創元推理文庫)

殺す風 (創元推理文庫)

 

 

マジで誰にでもおすすめしたい超傑作。すげえの読んじゃったもんね。登場人物、全員嫌なヤツ、皮肉と意地悪が効いた会話で進められてく。だけどそこに不快感が全くない。寧ろ爽快な、気持ち良い、そんな感情が芽生える。

 

マジで作中人物も展開も嫌なヤツというか信用ならんからどう物語が転ぶか分からん。

 

終盤、少し良い物語で収まるかのような同情、哀れみ、そして共感。凄えな。そっからもういっこ更に転がして、間違いのない悲劇になる。けど凄く読後感が爽やか。そう爽やかなんです。

 

凄えモノを読んでしまった。天才の作家の作品を読んでしまった。マーガレットミラー、この人を天才という以外で表現するのムズくね??

 

超傑作のマジで名著です。激しくおすすめ。

 

探偵は、もう死んでいる 読んだよ

 

 

クソつまらなかったので残念です。

大枠の筋書きだと好みに入る物語が、読んだらかなりつまらないという印象を持ってしまった。

理由は、文章だと思う。序盤は勘弁してくれよぉ。。。と思ってた臭いにも熱いにもいない、Twitterに蔓延るもしかしたら自分もそれかもしれないみたいな。しょーもないオタクの文章が入って勘弁してくれよぉと。

ソレが後半になると減るのは、良いことと思えなく、マジで文章のブレを感じた。

この大枠では面白い感じがするんだけどなぁで、読んだらつまらないのダメージはあるよ。

関係ないけど、序盤の展開で探偵は、もう死んでいる 地雷震 で検索したら出てこなかったぜい。悲しくはないぜい。

 

序盤で使った熱い(と思ってない)笑顔の表現を後半の展開で効かしてくるの演出的にはオモロイと思うのだけど、そんな安くてダサい言葉じゃ心は1ミクロン?とやらも動かんがな。あれをやるには1つ1つのエピソードを小分けにしてやるんじゃ無く、1つの大きいストーリーでやった方が効いてくると思うんだがなぁ。

 

ミステリ、ラブコメ、アクションとかジャンルレス!!じゃなくて既存作でもあるアクションとラブコメが併走してるよくある(特に一昔前のMFJで)作品だという印象は読む前からイメージしてて、まあ概ねその通りかなーと思ったんすけど、このどっちつかず感がどれも面白くないわとストレスの種が発芽していった。

 

正直、この作者の作品は二度と読まないと思う。ライトノベルのイケてるとかカッコいいと思ってるモノが、予想より遥かにつまらなく描き出されていた。

 

繰り返すんだけど大枠は好きなの。こーゆーの。けど、この作品はクソつまらなかった。ただそんだけ。

2019年面白かった新作ライトノベル4作 煌めきの超彗星編

私は私のスピードで。距離感で。共感をするのも。あるいは多少されるのも。やっていきたい。やってると思うし、今後もしていく。

 

とりあえずたまにゃかきたいなと思ったので、少し早めではございますが。そして何よりもあまり読めてはございませんが。書いてこうかと。

 

サクッと終わらしてきます。

 

ウイッチクラフトアカデミア

 

コレ。ニャル子さんの作者の新作。コレ、マジで面白かった。結構面白い所が、明確で。作者の既存作のコミカルさと文章の気持ちよさがとても心地良くて、ライトノベルだから楽しめる面白さがとても魅力。加えて結構後半の盛り上げとかは物語の鉄板みたいなやり方に、良い意味で使うライトノベルらしい楽しい登場人物。面白いに決まってる。

 

夏へのトンネル、さよならの出口

夏へのトンネル、さよならの出口 (ガガガ文庫)

夏へのトンネル、さよならの出口 (ガガガ文庫)

 

この作品は、自分の中では初期UNLIMITSですわ。自分でそう思ったらスッとしました。夏へのトンネル、さよならの出口はUNLIMITSです。自分でも何言ってるか分からんちゃ分からんけど。そう思ったので。

 

やがてはるか空をつなぐ

やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)

やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)

 

 

思い返すと結構シナリオの構成と展開とかしっくり来ないのもあるんだけど、んなん小説の面白さが小説として面白かったら塵に変えるよね。結構、痛い後輩が胸に小骨のチクリサクリと刺さったり。何か構成とか展開とかキャラとか確かに小説としてライトノベルとして魅力ではあるけど、それは魅力の一つでしかなくて。何というか心がぎゅるンとしたら逆転すんだよ面白いと思えるものって。この作品の青春ぽさにはソレがあった。

 

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去

作家買です。たぶん園生凪はこれからも小説を書き続けたら絶対に読み続ける。単純にファンです。好きなんです。何か足りなくて過去を縋るダメなヤツが、一歩は無理でも半歩は前に進むとき。そりゃこんな上手い作家が大好きになる。ダメな貴方が愛しい。

 

 

取りこぼしまくってると思うので残り一ヶ月でめちゃくちゃライトノベル読みたい周期入ってガンガン面白いライトノベル読んだらまた書くかもです。さいなら。

 

ライトノベルのお話でした。